PLDD

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは

経皮的レーザー椎間板減圧術PLDD(Percutaneous Laser Disc Decompression)は、身体にかかる負担がとても少ない最新の椎間板ヘルニアの治療法です。日本語では経皮的レーザー椎間板減圧術と呼ばれています。腰椎や頸椎の椎間板に針を通し、その穴にレーザー照射のためのファイバーを通して飛び出したヘルニアを200℃のレーザーで焼灼することで小さくします。
皮膚に1㎜程度の穴が開く程度ですから傷跡が非常に小さく、出血や感染の可能性も大幅に減少します。局所麻酔を行って15分ほどの手術時間しかかかりませんので、日帰り手術で受けていただけます。従来の手術では1週間程度の入院や全身麻酔が必要でしたので、それに比べPLDDは身体的な負担だけでなく時間的なご負担も軽減できます。

効果が高く、負担が少ないというメリットの多い治療法ですが、症状によってPLDDでは十分な効果を得られないケースも存在します。そこで当院では事前に精密な検査を行った上で正確に診断し、PLDDによる治療が最適だと判断できる場合にのみこの治療法をおすすめしています。

PLDDのメリット

日帰りで受けられます

局所麻酔を用いた手術であり、手術時間は15分ほどですから、日帰りで受けていただけます。入院の必要がなく、手術後はご自分で歩いてご帰宅でき、すぐに普段通りに過ごせます。

手術跡が目立ちません

皮膚に1㎜程度の穴を開けて行う、侵襲性がとても少ない手術です。切開を行わないため手術跡が目立つことはありませんし、自然に消えていきます。

出血や感染の可能性を軽減

侵襲が少ないことから、出血や感染といった副作用が起こる可能性もとても低くなります。

効果が高い

飛び出ているヘルニアをピンポイントにレーザー照射で小さくするため、高い効果を実感できます。当院ではPLDDでの治療が最適なケースで手術を行っておりますので、この手術を受けた9割以上の方が実際に高い効果を実感できたとおっしゃっています。

PLDDを取り入れている医療機関はまだ少ないのですが、安全で効果が高く、身体的・時間的なご負担が少ないため、今後は主流になっていく治療法だと当院では考えています。従来の治療法でなかなか効果を実感できない方や、お忙しくてスケジュール調整が難しく従来の手術を受けられなかった方はお気軽にご相談ください。

手術の痛みについて

局所麻酔を注射する際のチクッとした痛みはありますが、手術中の痛みはほとんどありません。ファイバーが神経根に当たって痛みが生じる可能性はゼロではありませんが、その場合も激痛というほどの痛みにはなりません。また、切開を行わないため、手術後に傷が痛むということもありません。
この治療法では手術後、ゆっくりと症状が緩和されていくため、しばらくの間は椎間板ヘルニアの痛みが続く可能性はあります。ただし、副作用が起こる可能性は非常に少なく、後遺症が起こることもありません。

よくある質問 

PLDDはどんなヘルニアにも効果的な治療法ですか?

どんなケースにも有効というわけではありません。当院では患者様の状態に合わせて、最適な治療法をご提案しています。お気軽にご相談ください。

PLDDはどのくらいの効果がありますか?

精密な検査と正確な診断のもとでPLDDが最適な治療法であると判断された上でこの手術を受けた場合、9割程度の方が効果を実感しています。

PLDDを受けるための条件はありますか?

身体に対する負担が少ない治療法です。局所麻酔だけで行えるため、従来の全身麻酔が必要で切開をともなう手術より安全に受けていただけます。そのため、より幅広い方が手術を受けられると言えます。既往症などがある場合はご相談ください。

話だけをまず聞いてみたいのですが

ご相談のみでももちろん構いません。PLDD手術について、ご質問やご不安がありましたら、お気軽にお問い合わせください。また、PLDD手術を含め、どのような治療法が最適なのかといった検査や診断を受けた上でじっくりご検討されることも可能です。

手術跡が気になります

皮膚に1㎜程度の穴を開けて行いますので、PLDDによる傷跡はとても小さく、自然に消えていきますのでほとんど気にならない程度です。

手術を受ければすぐに効果を実感できますか?

PLDDは即効性のある治療法ではなく、手術を受けた後、徐々に痛みが緩和していきます。我慢できないほど強い痛みに悩まされている方の場合には、即効性のある別の治療法をご提案しています。

後遺症はありますか?

PLDDは安全性が高く、出血や感染症など副作用が起こる可能性の少ない手術法です。また、後遺症に関してもほとんど報告されていません。

入院なしの日帰りで受けられますか?

PLDDの手術自体の所要時間は15分程度です。手術を終えたら1時間くらいクリニックでご休憩いただき、状態を確認させていただいてそのままご帰宅していただけます。当日は、車などの運転、入浴、激しい運動は避けていただきますが、それ以外は普通にお過ごしいただけます。

遠方に住んでいるのですが、PLDD手術を受けられますか?

PLDDはまだ導入している医療機関が少ないこともあり、当院には埼玉県全域からPLDD手術を受けに患者様がいらしています。そのため、近くのホテルにお泊まりいただいてPLDD手術を受けられるプランもご紹介しています。まずはお問い合わせください。

手術は保険適用ですか?

PLDDはまだ保険適用外であり、自費治療となっています。ただし、患者様がご加入されている生命保険や医療保険で先進医療の手術給付金の対象になるケースもありますので、保険会社に契約内容をご確認ください。

費用

手術費用は1椎間を基本にしており、複数の椎間を同時に手術する際には1椎間ごとに追加料金が発生します。
※PLDDはまだ保険適用外であり、自費治療です。

腰椎椎間板ヘルニアPLDD治療費
※術後、2ヶ月ごとに行われる経過観察のMRI検査3回分を含んだ料金です。

1椎間 498,000円(税抜)
追加手術 200,000円(税抜)/1椎間につき 

手術給付金の対象となる可能性があります。
患者様がご加入されている生命保険や医療保険で、PLDD手術が先進医療の手術給付金の対象になるケースもあります。手術前に保険会社へ問い合わせて契約内容をご確認ください。

Tel.04-2947-3321
一番上に戻る
  • 口コミを見る
  • 口コミを書く