椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは


ヘルニアと聞くと、腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)をイメージする方が多いのですが、そもそも、「ヘルニア」とは体内の臓器などがはみ出した状態を言います。椎間板ヘルニアは、背骨の間でクッションの役目をする軟骨、椎間板が飛び出した状態です。飛び出した椎間板が神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こします。起こる場所によって「頸椎椎間板ヘルニア」「胸椎椎間板ヘルニア」「腰椎椎間板ヘルニア」に分けられます。

椎間板ヘルニアの原因

運動やスポーツによる過度な負担、加齢による椎間板変性、姿勢の悪さなどが原因です。私たちの身体は、大体30代に入ると椎間板の弾力性が徐々に失われていくと言われています。それに伴い、背骨が衝撃に耐えにくくなり、椎間板が突出しやすくなってしまいます。

椎間板ヘルニアの症状

頸椎椎間板ヘルニア

首で起こる椎間板ヘルニアです。首の鈍痛、肩こり、首痛、頭痛、手足のしびれ、背中の痛み、前胸部の痛み、腕のだるさ、握力低下、めまい、耳鳴り、首が動かしにくいといった症状が現れます。大きいものは脊髄を圧排することもあります。

胸椎椎間板ヘルニア

背中で起こる椎間板ヘルニアですが、極めてまれです。脊髄を圧排することもあります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰で起こる椎間板ヘルニアで、椎間板ヘルニアでは最も多く約80%がこれに当たります。急性腰痛が初発のこともあります。下肢の神経を圧排すれば足のしびれや痛みがあらわれます。筋力の低下、身体の冷えなどが現れます。このヘルニアが引き起こす痛みを坐骨(ざこつ)神経痛と呼んでいます。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは坐骨神経痛は腰仙部坐骨神経の支配領域、つまりお尻、腰、太もも、足にかけての痛みがある症状(膝、ふくらはぎにまで痛みが及ぶケースもあります)のことを指し、病名ではありません。その要因のひとつが腰椎椎間板ヘルニアです。また神経に障害が生じていない場合でも、坐骨神経に沿った痛みがあり要因となっている病気がわかっていない場合に、「坐骨神経痛」という言葉を使うこともあります。

当院で可能な椎間板ヘルニアの治療法

内容 麻酔 保険適用 日帰り
PN法 PN(Percutaneous Nucleotomy)法は、経皮的髄核摘出術とも呼ばれます。5mmほどの管を刺し、そこから特殊な鉗子(かんし)を通して、X線で透視確認しながら、飛び出した髄核を摘出します。安全性が高く、後遺症もほとんどないことが知られています。 局所
PLDD法 数mmほどの針を背中側から腰に刺し、その中にファイバーを通して、椎間板内の髄核をレーザーで焼灼します。髄核が元に戻り、神経の圧迫がとれます。経皮的レーザー椎間板減圧術とも呼ばれています。 局所 ×
ブロック注射 痛む部位の神経付近に麻酔薬を注射します。痛みを和らげる効果はありますが、根本から治るわけではありません。効果には個人差があるため、検討する際は専門の医師によく相談しましょう。 局所
温熱療法 保存的治療のひとつで、身体を温めることで血行を促し、痛みを和らげます。こちらも完治は困難です。
運動療法 体操やストレッチなどの運動で、身体の血行を促して、痛みを和らげます。
投薬治療 症状に合った薬剤を用いて、痛みを抑え症状が消えるのを待ちます。内服薬のほか湿布薬や塗り薬、坐剤(ざざい)などもあります。

椎間板ヘルニアの治療の流れ

  1. 問診・診察
  2. レントゲン検査やMRIなどによる検査
  3. 治療方針の提案・決定
    検査結果の詳細な説明を行います。外科的手術か保存的療法かを一緒に考え、決めていきます。
  4. 治療・手術
    手術は30~60分ほどかかります。手術後は院内で安静にしていただき回復を待って、手術結果の説明を行います。
    手術当日は運動や運転は控えましょう。
    ※保存的療法の場合、定期的に通院が必要なケースがあります。
  5. 治療後 医師の指示に従い、定期的に術後経過を確認していきます。

費用について

健康保険が適応されるものと適応外で自費診療になるものがあります。目安の料金を記載しておりますが、詳細は当院にお問い合わせください。

保険診療

※3割負担の場合の料金です。

治療法 保険適用 治療費
PN法 約5~10万円

自費診療

治療法 保険適用 治療費
PLDD法 × 約35~60万円

医療費控除について

椎間板ヘルニアの治療は医療費控除の対象です。本人またはご家族の医療費が年間10万円を超える場合は確定申告で還付されます。任意保険の手術給付金については各保険会社により条件・詳細など異なります。事前にご確認・ご相談された後、必要書類をご持参ください。

Tel.04-2947-3321
一番上に戻る
  • 口コミを見る
  • 口コミを書く