腰痛の原因は椎間板ヘルニア?

腰痛の原因

腰は上半身の重みを支え続けているため、その大きな負荷により故障が起こりやすい場所です。そして故障が起こると日常生活のあらゆる動作に大きな悪影響を及ぼします。腰痛の主な原因には、筋力低下、背骨の変形、椎間板機能低下、骨密度低下、肥満、妊娠、ストレス、食生活などの生活習慣、感染症や内臓疾患などがあります。

 

 

腰痛が起こる主な原因

  • 筋力低下:運動不足
  • 背骨の変形:外傷、力仕事などによる過剰な負荷、加齢など
  • 椎間板の機能低下:加齢や大きな負担など
  • 骨密度低下:閉経やホルモンバランスの乱れ、加齢
  • その他:食生活・喫煙・飲酒・睡眠・姿勢など生活習慣、感染症・内臓疾患・尿路結石・悪性腫瘍などの病気

腰痛が日常生活やお仕事に支障を生じさせるようでしたら受診して精密な検査を受け、診断を受けることをおすすめします。

特に早めの受診が必要なケース

  • 安静時にも痛みが治まらない
  • 痛みだけでなくしびれもともなう
  • 腰痛に排尿困難・残尿感・便秘・発熱がともなう
  • 転倒などをきっかけに起こる激しい腰痛

こうした腰痛の場合には、すぐに受診してください。

腰痛の症状・治療方法

腰痛は、整形外科領域に限っても骨、神経、関節、椎間板、筋肉など、さまざまな原因によって起こっています。可能性がある疾患には、慢性腰痛、急性腰痛(ぎっくり腰)、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎の圧迫骨折、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症などがあり、治療のためには丁寧な検査と正確な診断が欠かせません。また、状態によって、お薬による治療、注射による治療、手術などから最適な治療方法を選択する必要があります。

お薬による治療

一時的な痛みに行う治療法です。鎮痛剤で痛みを抑制します

注射による治療

慢性化している痛みに行う治療法です。ブロック注射やトリガーポイント注射により、神経の回復を促します。
局所麻酔薬や少量のステロイド剤などを痛みの原因となっている神経やその周辺に投与します。痛みを感じる神経の一時的な麻痺、神経の炎症抑制などによって血行が改善され、痛みを緩和して回復を促します。幅広い痛みに対応可能ですが、血液をサラサラにするお薬を服用されている場合など、この治療法を行えない場合もあります。

手術による治療

お薬や注射による保存療法を続けても思うような効果が現れない場合には手術を検討します。当院では日帰り手術によるPN法やPLDD法といったお身体に負担の少ない手術を行っています。

Tel.04-2947-3321
一番上に戻る
  • 口コミを見る
  • 口コミを書く