ガングリオン

ガングリオンとは

ガングリオンとはガングリオンは内部にゼリー状の物質が溜まった腫瘤のことです。米粒大からピンポン玉ほどの大きさの腫瘍が、関節の周辺に生じます。一般的には手の甲にできることが多く、これは手首の関節包(関節を包んだふくろ)に繋がっています。その他、手首親指側の掌の関節包や、掌側の指の付け根もガングリオンができやすい場所と言えるでしょう。ガングリオンの固さは、柔らかいものから硬いものまでさまざま。特に痛みはありませんが、関節の曲げ伸ばしで神経が圧迫されると、痛みを感じることもあります。

ガングリオンの原因

若い女性に多く見られますが、必ずしも手をよく使う人に見られるというわけではありません。関節包や腱鞘の変化により引き起こされます。特に関節から生じたガングリオンは、関節包に繋がる長い茎で繋がっていることがほとんどです。骨や筋肉、神経にできるガングリオンもありますが、これらは粘液変性したものが融合して生じていると考えられています。

ガングリオンの診断

腫瘤があり、注射針を刺してゼリー状の内容物が吸引できれば、ガングリオンと診断されます。外側から触れないほど小さなガングリオンもありますが、その場合はMRIや超音波検査で診断します。

ガングリオンの治療

腫瘤のみで症状が気にならないようであれば、放っておいても心配はありません。大きいもの、痛いもの、運動障害などの神経症状があるものは治療が必要です。まずは、ガングリオンから注射器で内容物を吸引・排出することから始めます。吸引・排出を繰り返しているうちに、完治も期待できます。ガングリオンを押し潰す方法もあります。それでも再発する場合は、手術を検討します。再発防止には、茎を含めたガングリオンの摘出が必須ですが、手術しても再発の可能性がゼロになるわけではありません。

治療費について

1割負担 3割負担
ガングリオン 約3,000円前後 約9,000円前後

手術は健康保険の適応となります。
※費用はあくまで目安です。その他診察代・処置代がかかります。
その他疾患に関してはお気軽にご相談ください。

Tel.04-2947-3321
一番上に戻る
  • 口コミを見る
  • 口コミを書く