手根管症候群

手根管症候群とは

手根管症候群とは人差し指、中指にしびれ、痛みが出始め、最終的には正中神経の支配領域である親指から薬指の母指側、3本半の指にしびれが出ます。このしびれは明け方に強い傾向があり、朝に目覚めると、手にしびれ、痛み、こわばりを感じます。手を振ったり、指を曲げ伸ばしすると楽になります。悪化すると、親指の付け根(母指球)部分が痩せてしまい、親指と人差し指できれいな丸をつくるOKサインができにくくなります。縫い物やボタン掛けといった細かい作業ができづらくなります。

手根管症候群の原因

手首にある手根管の神経が圧迫され、それに手首の運動が加わることで生じます。しかし、特発して起こることが多く、詳細は分かっていません。妊娠・出産期や更年期の女性が圧倒的に多いのが特徴です。女性ホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘(腱をつつむサヤ)のむくみが原因と考えられていますが、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、骨折などのケガ、透析中の人もかかりやすいと言われています。腫瘍や腫瘤なども手根管症候群を引き起こすことがあります。

手根管症候群の診断

手根管症候群の診断手首を打腱器などで叩いて、しびれや痛みが指先に響くかを確認します。これをティネル様兆候と言います。両手首を曲げた状態で甲どうしをピタッと合わせた状態で1分以内にしびれ、痛みが悪化するかどうかの誘発テスト(ファレンテスト)も有名です。進行すると親指球の筋力低下や筋萎縮をきたします。その他、補助検査として、電気を用いた筋電図検査なども有用です。腫瘤が疑われる場合は、エコーやMRI検査が必要になります。

手根管症候群の治療

手の使いすぎを止めるとともに、消炎鎮痛剤やビタミン剤などの服薬、塗布、シーネ固定などの局所の安静、腱鞘炎を治めるための手根管内腱鞘内注射などの保存療法が行われています。治りにくい場合や母指球筋(親指の付け根の膨らんだ部分)が痩せてしまった場合、腫瘤がある場合などは手術が必要です。手術は、手のひらに小切開し、直視下での手根管開放術をおこないます。

治療費について

1割負担 3割負担
手根管症候群 約4,000円前後 約12,000円前後

手術は健康保険の適応となります。
※費用はあくまで目安です。その他診察代・処置代がかかります。
その他疾患に関してはお気軽にご相談ください。

Tel.04-2947-3321
一番上に戻る
  • 口コミを見る
  • 口コミを書く